10月に入り、朝晩はずいぶんすずしくなりましたが、日中は暑い日もあり、秋と夏が同居しているような気候ですね。

日中は、汗ばむほど暑いですが、槇尾中学校でも秋を感じられることが、あります。

1つめは、職員室に入り込んだコオロギが、毎日のように鳴いています。

2つめは、先日2年生の生徒が「溝に落ちていた。あげる!」と栗を拾ってきました。保健室にかざっているので、保健室を訪れる生徒に“秋”を感じてもらえるといいなと思います。

 

 しかし、生徒たちの様子は気温の変化が激しいせいか、体調を崩している生徒が多いようです。

日頃から、早寝・早起き、バランスのよい食事をとるなど、ご家庭でもご協力をお願いします。f:id:makio6:20131001090156j:plain

広告を非表示にする